仮想通貨のマイニングをするために注意すべきこと

   2022/02/21

初期費用が高くなる

最近では仮想通貨の値動きが激しく、価格差を利用して稼ぐ投資家が増えています。マイニングといえばハッシュ関数を計算してつなぎ合わせることで仮想通貨を発行し、現金と交換して利益を得る仕組みです。
しかし、利益を出すためにはマイニングマシンがないと膨大な量の計算がなくて厳しく、購入するためには50万円~100万円の初期投資がかかります。
また、マイニングは機械に任せて仮想通貨の報酬を受け取れて楽して稼げると思われがちですが、実際には準備するまでに多くの費用がかかるためハードルが高いです。

マイニングマシンは海外で製造販売されているため、価格や仕様などが大きく異なります。また、電気代などのコストもかかり、国内では高くなるため海外で業者に代行して運用してもらうと便利です。

しかし、詐欺が発生しやすく信用できる業者を探さないと後悔することになり、効果がなければ返金してもらえるか確かめる必要があります。また、LINEなどの勧誘には注意が必要で、怪しいと感じたら専門家に相談して判断することが大事です。マイニングで稼ぐためには初期費用が高くなることだけでなく、詐欺の被害に遭うリスクもあることを認識しないといけません。

収益の仕組みをきちんと確かめよう

仮想通貨のマイニングといえば「放置するだけで稼げる」とアピールされますが、実際には詐欺の被害に遭うリスクも高く注意が必要です。
マイニングマシンは自動的にハッシュ関数を計算してくれますが、自宅のパソコンを使うと多くの熱を発生します。

このため、修理費用が高くなったりエラーを起こしやすくなり、マイニングマシンを購入して海外で運用してもらうようにすると効果的です。

しかし、副業としてするためには多くの初期費用が必要になり、回収するためには長い時間がかかることになります。また、詐欺の被害に遭うと一方的に損をすることになり、海外の業者は勧誘してマイニングマシンを購入してもらうことで多くのお金を集めることが多いです。近年では海外のプロの投資家によりマイニングが行われ、競争が激しくて利益を出しづらくなっています。

利益を出すためには楽して稼げると考えると詐欺の被害に遭いやすく、LINEなどのSNSで勧誘されて誘いに乗ると多くのお金を払わされることになり注意が必要です。また、利益を出しても課税対象所得になり、仮想通貨の場合は税率が高くなるため損をしないようにする必要があります。このため、副業としてすると非常にリスクが高く、資金に余裕がある状態で始めることが望ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket